Jul

19

そもそものぼりとは何?

のぼりってご存知ですか?簡単に言うと竿に布を巻いたものです。

漢字では幟と表記され、さまざまなシーンで目にすると思います。

必ず誰でも普段から目にしていますので、心当たりがない方は無意識のうちに素通りしてしまっているのでしょう。

飲食店の前や商店街などを通ると見つけることができますよ。

もともとのぼりというのは日本独自のもので心理的な効果を上げるという目的で作られました。

また、神社などでの宗教的な意味合いもあるそうです。

合戦で武将が背負っているものをご存じないですか?家紋や合言葉を書き込み、隊の象徴として、また武士の士気を上げるために用いられていました。

現代では広告のような意味合いで利用されていることが多く、お店の外でよく見ることができます。

本来の意味合いで利用されているものとしては、神社に行くと見ることができます。

祭りなどで見かけるのぼりも、本来の意味に沿ったものが多いようです。

昔は手作りされていたというのぼりですが、現在目にすることができる派手なカラーリングを施したのぼりは、専門店で作ったりするものが多いのだそうです。

お店ののぼりは、天候によって周りに危険を及ぼす恐れがあるために、ずっと外に置いておくのではなく、開店と同時に設置し、閉店時には店内にしまうというスタイルがとられています。

Posted in のぼりとは | Comments Off on そもそものぼりとは何?

Comments are closed.